【坐骨神経のツボ】梨状筋の狙い方「梨状」ツボ指圧は深さと持続圧が大事です

人気商品

0

おかず!

梨状筋の狙い方を解剖経穴タオルとツボ人形で解説しました

☆公式LINEの登録で120分超の限定動画をプレゼント☆
☆リタジネンLINE登録は下記リンクから☆
↓↓↓↓

等身大で人体を学ぶ!
リタジネン式等身大解剖経穴タオル

オンラインで手技を学ぶ!
タオル+オンライン教材コンプリートパック

リタジネンオンライン教材
セラピスト向け教材一覧はこちら

LINEクーポンでリタジネン手技教材が30%OFF!

【Blog】

8 Comments

リタジネン式 ツボ指圧 ritajinenn

良いかと思います
セラピストには楽ですがクライエントには苦手な方いるので注意必要です

返信する
Kouichi Ogawa

深層外旋六筋〜何気なく押圧してましたが、梨状筋は意外と仙骨の下のほうだったんですねー。明日試しまーす。

返信する
リタジネン式 ツボ指圧 ritajinenn

仙骨深部の裏側から顔を出してるイメージお試しください!

返信する
梅木潤子

とてもわかりやすい解説ありがとうございました。
あやふやだった梨状筋の位置の再確認ができました。
坐骨神経痛の症状がある方にも、このツボを押しても大丈夫でしょうか?
針を刺したように響くらしいので、控えめに押しているのですが、
坐骨神経の真上なので、刺激して返って悪化したりしないか少し心配しています。

返信する
梅木潤子

丁寧な回答、ありがとうございました!!
中殿とインモンからアプローチしてみます。

返信する
リタジネン式 ツボ指圧 ritajinenn

コメントありがとうございます
お話にあるように梨上ツボはダイレクトに狙うポイントなので炎症や痛み強い方は中殿やインモンなど外縁からアプローチすると安全かつ効果的かと思います!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA